ピースボート世界一周のデメリットとメリット | ピースボートの歩き方

ピースボートの歩き方

ピースボート世界一周のデメリットとメリット

まずは「ピースボート」とは?

改めてピースボートの団体をシンプルにご紹介します。1983年に日本で設立されたNGO団体で、現在も国際交流を目的として活動を続けています。

主な活動は地球一周の船旅を企画・運営する事で、毎年地球三周~四周の航海をし続けています。これまでの参加人数はのべ6万人以上、老若男女・国籍を超え毎回多くの人が参加するのがピースボートの特徴と言えます。「みんなが主役で船を出す」を合言葉に様々な国と地域を訪れ、市民レベルでの繋がりを創り平和の文化を築いていく、そんな船旅を提案し続けています。地球一周の船旅にかかる日数は約100日間で、訪れる国・港の数は20箇所前後となります。中には25箇所に訪れるクルーズもあります。航路は「春から夏にかけての北コース」「秋から冬にかけての北&南どっちもコース」「冬から春にかけての南コース」の大きく分けて三つになります。「北コース」はヨーロッパや北欧のフィヨルドに訪れることの多いコースです。「北&南コース」は主にヨーロッパや南米、南の島など、「いろんなところへ行ってみたい!」という方にはお勧めな欲張りコースです。「南コース」はアフリカや南米、南太平洋の国々を訪れるコースとなっています。このような約100日間の地球一周の船旅の他、50日前後のアジアグランドクルーズやオセアニア一周クルーズ、一週間から二週間のショートクルーズなど比較的短期間で楽しめる船旅も用意されています。また、現在地球一周の船旅で使用されているのはオーシャンドリーム号という船で、全国各地の港で開催される船内見学会に参加すれば事前に旅の雰囲気を味わうことも可能です。

ピースボートで世界遺産に行くメリットとデメリット

「一生に一度は世界遺産をこの目で見たい!」という人も多いのではないでしょうか?現在は格安航空会社の利用も一般的になり、世界遺産に訪れる方法は考えつくだけでも様々あります。その中の一つである「ピースボートの船旅」で訪れるメリットとは一体何でしょう?メリットは大きく分けて三つ挙げることができます。

①1回のクルーズで複数の世界遺産を訪れることが可能

特にヨーロッパを多く訪れる「北コース」は、世界遺産を複数訪れることができる可能性が高いです。南米や南太平洋、アフリカなど自力で訪れるには少しハードルの高い場所にある世界遺産へも安全にいけるのが魅力的です。

②時差ボケがない

飛行機で様々な場所へ行く場合、どうしても時差が発生してしまいます。せっかく楽しみにしていた観光の最中も睡魔に襲われる・・・なんてことは誰でも避けたいハズ。クルーズ旅では大海原をゆっくりと進んでゆくので、時差の発生も一時間~二時間が一般的です。ですので体に負担を掛けずに旅を楽しむことができます。(旅の間には必ず一度日付変更線を越えるので、手元の時計を24時間戻す、もしくは進めるという貴重な体験もできます!笑)

③旅の手配が楽ちん

自力で海外の世界遺産へ訪れる場合、飛行機の時間や予約、現地の交通手段やガイドなど様々な手配をその都度自分で行わなくてはなりません。そのようなストレスを少なく抑え、純粋に観光を楽しみたい!という方には船旅が向いているかもしれません。事前に用意されている有料の観光オプショナルツアーに申し込めばスタッフが手配・ガイドをしてくれます。船内での申し込み・キャンセルも可能なので、自分の体調や希望に合わせて旅をデザインすることができます。

思いつくデメリットはこんな感じです。

①聞いたことがない国にも行く

訪れる国は有名な都市だけではありません。「ん?どこ?」と思うような国にも行くことになります。周りの友人もいったことがない国なので、事前情報が集めにくかったりします。

②滞在日数が決められている

船旅の場合は、港から観光地まで近いのです。しかし「内陸にある観光地も見たい!」というひとには時間が足りない可能性があります。その場合は、船を離脱する必要があります。

③相部屋の場合はトラブルに可能性がある

相部屋は同性で同世代のひとと一緒になります。しかし、4人の相部屋の中にはトラブルになる部屋も存在します。世界一周中に2~3部屋はあるようです。わたしの経験上トラブルの多くは年配男性が多いように思います。自分はコミュニケーションに自信があるという人ほど、渦中のひとだったりします。ただ相部屋の90%以上は、無事に100日間を過ごされています。過剰に不安にならなくても大丈夫だとは思います。

世界遺産を周る方法は?自由行動とツアー参加

ピースボートの船旅において、訪れる寄港地を周る方法は大きく分けて「オプショナルツアー」への参加と「自由行動」の二つがあります。「オプショナルツアー」とは各寄港地ごとにオプションで用意されている有料ツアーの事です。このオプショナルツアーは観光・検証・交流などのジャンルに分けられており、一般的な観光メインのツアーや現地の歴史や社会問題を検証するツアー、スポーツや町の案内などを通して現地の学生や住民との交流をはかるツアーなど様々な切り口からその国を知ることができるものが用意されています。世界遺産を周るのであれば「観光ツアー」、もしくは世界遺産から歴史や社会事情を紐解く「観光&検証ツアー」があればそちらも良いかもしれません。また、多くの寄港地は寄港日数(船が滞在できる日数)が1日から2日であるため、港から離れた場所にある世界遺産などは「オーバーランドツアー」に参加されることをお勧めします。「オーバーランドツアー」では船から降り立ち目的の世界遺産へ向かい、陸で宿泊し次の寄港地で船と合流するというのが大まかな流れとなります。もちろんスタッフやガイドによる交通・宿泊の手配や現地への同行も行われるので、「旅慣れてないけどどうしてもあの世界遺産が見たい!」という人にはお勧めです。「自由行動」は文字どおり自由に散策することで、これに関して追加で料金が発生することはありません。港周辺は栄えている場合が多いので、比較的治安のよい地域であれば気軽に観光を楽しむことができます。アクセスのよい世界遺産であればツアーを取らなくても十分観光することが可能です。新しく出会った船の仲間と一緒に散策したり、気ままに一人で楽しんだりと、世界を身近に感じられるはずです。

世界遺産を訪れる際の細々した疑問

いざ海外を訪れるとなると「治安は大丈夫?」「気を付けた方がいいその国独特なルールや法律ってあったりする?」「お金ってみんなどうやって持っていくの?」など様々な疑問や心配事が浮かんできますよね。ピースボートの船内では事前にそのような情報を伝えるための「寄港地説明会」が、寄港日前日に船内の大きなホール会場で行われます。例えばイスラム圏の国を訪れる際、女性は肌の露出を控えるなどの配慮が必要となります。そのようなルールやマナーをはじめ、寄港地の見どころや通貨の説明、滞在時間などについての説明があります。その他もっと詳しく聞きたいことなどがあれば船内の旅行会社ジャパングレイスが担当しているツアーデスクカウンターにて質問することが可能なので安心です。安心してめいいっぱい寄港地を楽しみましょう。

もっと詳しくピースボートの世界一周を知りたい!

「いろいろピースボートクルーズについて知りたい!」「ピースボートの旅行代金やお部屋はどんな感じなの?」と思った方はまず無料の資料請求をお勧めします。見ているだけで少しワクワクした気持ちになれますし、写真などの資料も載っているのでより具体的にイメージがしやすいと言えます。ピースボートの船旅を知るきっかけとして、資料請求の他にも大きく分けて三種類の説明会が全国で行われています。一つ目は「船旅説明会」といって船旅全般における説明と紹介が行われるものです。船内生活(お部屋・食事・船内での過ごし方)についてや、寄港地のおすすめポイント、旅行代金について詳しく聞くことができます。過去のクルーズに参加したお客さんの体験談も聞くことが可能なので船旅をより身近に感じられるはずです。一人でも、ご夫婦や友人同士でも無料で気軽に参加することができます。二つ目はオーシャンドリーム号の中を見学できる「船内見学会」です。実際の船内生活をよりリアルに体験できるとあって、非常に人気の高い催しです。お部屋やレストラン、デッキなど自由に見学をすることができますので船旅を検討されている方は行っておいて損はないと思います。三つ目は全国各地にあるピースボートセンターで行われる「ボランティアスタッフ説明会」です。ピースボートセンター内での事務作業やポスター張り活動を行うことによって旅行代金の割引をためることができる「ボランティアスタッフ」についての説明や船に乗るコツなどを聞くことができます。

まずはお手軽に世界一周の魅力を感じられる資料請求を第一歩とされてみてはいかがでしょうか

 

ピックアップ記事

  1. ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

関連記事

  1. ピースボートの歩き方

    ピースボートを盛り上げる船内チーム6選+α

    ピースボートの船内チームはオススメピースボートクルーズには船内チー…

  2. ピースボートの歩き方

    ピースボートのおすすめ部屋と早期割引

    ピースボートの地球一周のクルーズとなると、約100日間もの間船の上で生…

  3. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、旅好きになった理由

    元々わたしは海外にあまり興味がありませんでした。家族が「海外は北朝鮮み…

  4. ピースボートの歩き方

    ピースボートセンタに行ってみたらこんなだった・・・

    スポンサードリンクピースボートセンターとは、国際NGO…

  5. ピースボートの歩き方

    ピースボートのLINE@はおすすめ!メリット【5つ】

    ピースボートにはLINE@というメッセージアプリを使ってやりとりするこ…

  6. ピースボートの歩き方

    ピースボートは豪華クルーズとは違う生活が待っていた!

    ピースボートの船内は飛鳥2やダイヤモンドプリンセスとこんなに違う!…

最近の記事

  1. 指原莉乃

特集記事

おすすめ記事

  1. ピースボートの歩き方

    ピースボートのおすすめ部屋と早期割引
  2. ピースボート

    ピースボートの歩き方

    ピースボートで世界一周する費用と金額
  3. ピースボートの歩き方

    ピースボートボランティアスタッフの真実
  4. 指原莉乃

    ピースボートの歩き方

    ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは
  5. ピースボートの歩き方

    ピースボートセンタに行ってみたらこんなだった・・・
PAGE TOP