ピースボートは遊びなのか?学びなのか? | ピースボートの歩き方

ピースボートの歩き方

ピースボートは遊びなのか?学びなのか?

ピースボートでの学び・スタディーツアーについて

国際交流を主たる目的とするNGOピースボートでは、世界の様々な問題を知り、具体的に行動を起こすための活動を数多く行っています。「遠い国の事だから関係ない」と思うのではなく様々な角度から知ることでより広く自分の中で考えを起こすことができ、普段自分の住む日本の政治や環境についても改めて考えることができます。今回はそんなピースボートが継続的に行っている取り組みをご紹介します!

地雷問題(カンボジア)

ピースボートクルーズでは定期的に「カンボジア地雷問題検証ツアー」を開催しています。ベトナム戦争時に埋められたもの、その後のポルポト政権時の内戦によって埋められたものを合わせると400万個~600万個とされていますが、実際はもっと多い数の地雷が埋められたと言われています。和平合意締結後の1992年以降から地雷の除去活動が行われていますが、カンボジア北西部の農村地帯には今も多くの地雷が残っていると言われています。

このツアーでは「カンボジア地雷対策センター」が行う地雷除去現場を見学したり、地雷被害者の支援を行う「アンコール障がい者協会」を訪問します。義足の作成や歩行訓練を無料で受けることができる「シェムリアップ州立リハビリセンター」なども見学します。現地で活動を行われている方の話を直接聞くことで、私たちができる事やこのようなことを繰り返さないためにすべきことを考えさせられます。

またこれまで、以前から継続して行われてきたピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)による「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」により集まった募金を使用して地雷を除去し、その場所に小学校を建設しました。そして現在その小学校に通う子供たちの健康を支援するために、石鹸を届ける「手洗いプロジェクト」を行っています。

エル・システマの魅力に迫る(ベネズエラ)

エル・システマとは南米ベネズエラではじめられた音楽を使った教育システムです。山間のへき地や経済的に貧しい地域などを中心に無料の音楽教室を開いています。貧困や少年犯罪など社会問題の解決の糸口として、音楽による教育活動を行っています。。そんな世界中から注目を浴びているエル・システマのメンバーを船内に迎え、音楽ワークショップや講演会などを行っています。また過去には、エル・システマの本部である「社会活動のための音楽センター」やスラム街にある「パライソ音楽練習所」を訪ね、日本で集めた楽器を支援物資として贈呈しました。

おりづるプロジェクト(日本)

2008年からピースボートでは核兵器のない世界を目指す「おりづるプロジェクト」を行っ

ています。このプロジェクトでは広島・長崎の被爆者と世界を巡り、原爆被害の証言を行っています。各国の専門家や国連職員などを船上に招き、核兵器禁止条約や中東非核地帯化に関する講演会や洋上会議なども行っています。現在も多くの国で核兵器が保有されています。しかし、その被害の実態についてはあまり知られていません。広島・長崎の被爆者の高齢化が進んでいる今日、その体験を直接世界に伝えられる時間はごく限られています。ピースボートでは世界の多くの核被害者や戦争被害者と共に、核も戦争もない世界を創っていくための道を模索し続けています。

ガラパゴスの森再生プロジェクト(エクアドル)

ダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島。独自の生態系と進化を遂げてきた貴重な自然ですが、観光客や島民の増加、それによって持ち込まれてしまった外来種などの影響によって危機にさらされています。ピースボートではフォトジャーナリストの藤原幸一さんやチャールズ・ダーウィン財団と共に「ガラパゴスの森再生プロジェクト」を立ち上げ、ガラパゴスの固有種であるスカレシアの植林を行っています。

この植林ツアーは2007年から始められ、現在も継続して行われています。開始当初は「そんなことして意味があるのか」「一体何年かかるのか」と現地からも疑問の声が寄せられました。そのような声に一つ一つ丁寧に答え説明を続けてきたことで、現在は地元の方々、エクアドル政府からも協力を得ながら活動を続けています。

この植林活動には毎回地元の高校生らも参加しており、自然を保護することの重要性を共に学んでいます。また一緒に植林作業をすることで交流が生まれ、お互いの文化を理解するきっかけにもなります。

パレスチナや中東地域の問題

内戦によって多くの国民が難民となっているシリアや、50年以上占領が続いているパレスチナなど、現在も様々な問題がある中東地域。ピースボートではヨルダンの難民キャンプなど、実際に現地を訪れそこで暮らす方の話を聞くことを大切にしています。現在、直接訪問することが困難な地域が中東には増えてしまいましたが、パレスチナ・シリア・イラクなどの難民やそこで暮らす人々のサポートを継続的に行っています。また、国際社会に対して改善を求めたり、現地の専門家や若者を船に招き、生の声を伝えてもらっています。

2017年5月にはイランにあるテヘラン平和博物館から5名の方が乗船しました。この方々の中には80年代に起こったイラン・イラク戦争に志願し、マスタード・ガスという化学兵器の被害を受けた経験がある人、化学兵器の他にも地雷や爆弾の破片による怪我を負っている人もいます。現在ではこのような被害が二度と起こらないような世界にするべく、テヘラン平和博物館でボランティアや委員活動をされています。船では戦争が及ぼす被害の大きさや、化学兵器がもたらす健康被害・環境破壊などについて伝える企画などが行われました。

SDGsキャンペーン

ピースボートでは国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて取り組んでいます。これは貧困の無い世界の実現や、気候変動対策、環境問題、エネルギー問題などに幅広く取り組むプロジェクトです。17のゴールと169のターゲットから成り立っている国際的な目標です。現在、ピースボートの船体にはSDGsのロゴマークがペイントされており、世界中の港でこの目標の重要性をアピールしています。また、持続可能な開発に向け国連や国際機関に政策提言をしたり、各方面の専門家や国連職員などを船内へ招き講義やワークショップを行い参加者一人一人の理解をより深めています。

まとめ

このようにピースボートでは様々な取り組みを行っています。このような取り組みについてより深く学びたいという場合は「地球大学」への参加がオススメです。地球大学とはピースボートクルーズの乗船前から下船後のアクションまでの約半年間にわたり、NGOや国際機関などで必要とされる知識・理解力・行動力を身につける平和教育プログラムです。船の上のゼミと世界各地での現場体験を通して、現在地球で起こっている問題を自分の問題として考える視点を養い、平和な世界を作ってゆくための実践力を身につけます。このプログラムは海外のNGOや大学とも連携しており、世界中の学生や若者たちと共に学べることが大きな特徴です。帰国後は提携するNGOやNPO、企業などでインターンシップを体験し、より具体的に世界に貢献する力を養ってゆきます。国内外の大学とも多く連携しているので単位認定や交換留学などにも対応しています。

地球大学に関する詳しい資料はピースボートクルーズHPから簡単に請求することが可能です。また、電話や説明会への訪問でも気軽に直接話を聞くことができます

ピックアップ記事

  1. ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

関連記事

  1. ピースボートの歩き方

    ピースボート世界一周のデメリットとメリット

    まずは「ピースボート」とは?改めてピースボートの団体をシンプルにご…

  2. ピースボートの歩き方

    ピースボートボランティアスタッフの真実

    ボランティアスタッフを体験ピースボートボランティアスタッフ制度につ…

  3. ピースボートの歩き方

    ピースボートの費用について

    ピースボートの金額ピースボートで世界一周はできるのか!?「…

  4. ピースボート

    ピースボートの歩き方

    ピースボートで世界一周する費用と金額

    ピースボートで世界一周できるのか!?「世界一周なんて、金持ちのする…

  5. ピースボートの歩き方

    ピースボートクルーズのメリット/デメリットは?乗船者が真実を明かす!

    スポンサードリンク◆ピースボートクルーズの特徴ピースボ…

  6. ピースボートの歩き方

    ピースボートのおすすめ部屋と早期割引

    ピースボートの地球一周のクルーズとなると、約100日間もの間船の上で生…

最近の記事

  1. 指原莉乃

特集記事

おすすめ記事

  1. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、旅好きになった理由
  2. ピースボートの歩き方

    ピースボートボランティアスタッフの真実
  3. ピースボートの歩き方

    バックパッカー(一人旅)とピースボートの違いを徹底比較してみた
  4. ピースボートの歩き方

    ピースボートを盛り上げる船内チーム6選+α
  5. ピースボートの歩き方

    ピースボート世界一周のデメリットとメリット
PAGE TOP