2020新チャーター船発表!エコシップは2022で決定 | ピースボートの歩き方

ピースボートの歩き方

ピースボートが船を変えるってよ!エコシップは2022年!?2020年世界一周の新チャーター船を比較!

ピースボートの新造船エコシップが2022年完成になるって噂!?

ピースボート新チャーター船

旅行会社ジャパングレイス(0570030617)から連絡が!?

ピースボート、ジャパングレイスのエコシップクルーズの就航が2020年から2022年に変更になるそうです。エコシップに申し込んでいる親のもとにも旅行会社ジャパングレイスから連絡が来ました。エコシップの造船所となるフィンランドのアークテック・ヘルシンキ造船所からのレターも親宛に送られていました。エコシップが2022年の建造になることは公式サイトにも掲載されていました。シンプルに理由を書くとイタリアの客船コスタコンコルディアが座礁した事故が原因です。事故のため世界の造船ルールが修正されようです。例えるなら、日本の建築基準と同じような仕組みになります。1981年以前に立てられた住宅・マンションなどの建築は『旧耐震基準』になります。1981年以降の住宅・マンションは設計構造を規定の基準に組み換え『新耐震基準』として建てなければいけないという法律ができたのです。1981年ギリギリに建築予定だった住宅・マンションは、設計図から見直し『新耐震基準』に適応できるスケジュールに組みなおしたそうです。時間はかかりましたが、『安全』という担保以外に、『旧耐震』か『新耐震』かで資産価値がまったくことなります。それと同時に2020年のエコシップ申込者のキャンセル受付もしているようです。旅行会社ジャパングレイスから連絡がきて母が話していました。NGOピースボート、旅行会社ジャパングレイスは新造船エコシップの建造費用のめどはたっているようです。客船の国際安全基準(SOLAS2000)に準じたクルーズ船を作るために設計を見直すと2022年になってしまうようです。エコシップが延期になる噂は前からあったのですが、わたしの親はピースボートクルーズが好きなので、応援の意味で申し込んでいるんだとか。いまでも親はピースボートで出会った友人たちと集まり楽しんでいます。世界一周だけではなく、旅仲間ができることに価値を感じているのでしょう。それはさておき、新耐震になったことにより当時のマンションの建築費が高くなったようです。SOLAS2000により造船としての建造費も高くなるでしょう。安全なクルーズ船として長く使うための決定だったのでしょう。

>国連の専門機関であるIMOの取り決め
IMO取り決め
を和訳したのが以下です。0570030617

IMOの海上安全委員会(MSC)は、海難事故が発生しても、沈まない船を作る取り決めを行った。船の事故によって海水が入ってきても沈まない船を作る安全要件に改定されました。船の安定性、安全性に関する国際海上生命安全条約ソーラス(SOLAS)の第II-1章の実質的な見直しに従う必要があります。基本となる、これらの構造上の変更は、数十年にわたって学者、造船所、船舶運航者、船主、船級協会および船舶設計コンサルタントによって行われる。EU(ヨーロッパ連合)および欧州海上保安機関であるEMSAによる共同研究プロジェクトになる。さらに、このレビュー(見直し)では、2012年のCosta Concordia(イタリアで座礁した大型客船コスタ・コンコルディア)インシデントの調査後に行われた推奨事項が考慮されています。この改正により、衝突後に洪水が発生した場合でも船舶が安定して浮揚する能力を表す「要求指数R」が引き上げられます。この要件は、部分的にEUが資金提供する研究プロジェクトHARDERで開発されSOLAS2009で義務付けられている旅客船の確率論的損傷安定性方法論に基づいています。改訂された要件は、6月7日から16日まで開催されるIMOの海上安全委員会(MSC)による採択のために設定された修正のリストの一部でした。

2020年新造船エコシップの代替船で世界一周をピースボートが計画

マジェスティオブザシーズ

2020年のエコシップに申し込んだリピーターのひとたち向けのスケジュールをピースボートは検討しているようです。現在ピースボートが使用している船はオーシャンドリーム号です。オーシャンドリーム号とは違う船を新チャーターする様子です。新チャーター船はピースボートスタッフが世界中飛び回ってみつけてきたそうです。現段階で3つの船に絞って交渉に入っているようです。予定されている3つの船を公式サイト、口コミサイトを参考にまとめました。

ピースボートの新チャーター船①ラプソディオブザシーズ

ラプソディオブザシーズ

シップデーター(ラプソディオブザシーズ)

[船名]ラプソディオブザシーズ(Rhapsody of the Seas)
[総トン数]78,491t
[全長]279.0m
[全幅]32.0m
[喫水]7.6m
[巡航速度] 22.0ノット
[竣工年]1997年5月
[改装年] 2012年4月
[推進機構]ディーゼル・エレクトリック(Diesel Electric)
[旅客定員]1,998人
[乗組員数]765人
[母港]ナッソー(Nassau)
[登録国]バハマ(Bahamas)
[IMO番号]9116864
[MMSI番号]311805000
[運行会社]ロイヤルカリビアンインターナショナル (米国) Royal Caribbean International
[所有会社]Owner 1 ロイヤルカリビアンインターナショナル (米国)Royal Caribbean International
[建造所]シャンティエ デュ アトランティーク (フランス)Chantiers de l’Atlantique (France)

ラプソディオブザシーズブロードウェイ

ラプソディ・オブ・ザ・シーズの設備/正体

ロイヤルカリビアンクルーズの中でもガラスが多く明るい船内設計となっているようです。最近の「ラプソディオブザシーズ」号は2007年よりアジア地域のクルーズを運行しています。

ラプソディオブザシーズの最上階デッキ

ラプソディオブザシーズは数年前に設備を現代風にアレンジしています。ラプソディオブザシーズ号の内装はまるで新造船のようにきれいという噂です。写真を見る限りその噂は正しそうです。

ラプソディオブザシーズの遊びスペース
ガラスやアクリルパネルなど光を通す材質の屋根は両サイドから、光が降り注いでくる気持ちの良い空間です。社交ダンス、サルサダンスを楽しんだり、夕焼けにはジャグジーでゆっくりと地球を感じることができそうです。

ラプソディオブザシーズのデッキプール

現在のラプソディオブザシーズは、食べ放題のバイキング施設もあります。有料のサービスになりますが、アイスの食べ放題や本格コーヒーの提供もあるようです。のんびりする空間は豊富にありそうです。

ラプソディオブザシーズの子供部屋

米国船ならではのダンスショーなども提供されます。夜遅くまであいているダンスバーはピースボートのバイーア・バーのような使われ方になるでしょう。もしピースボートでラプソディオブザシーズを借りることになったら、カジノスペースは企画などで使用される社交の空間になるでしょう。

ラプソディオブザシーズの中央スペース

ウィンジャマーカフェというブッフェコーナー

ラプソディオブザシーズの窓
船首に位置したカフェです。太陽光が指す明るいレストランです。
こちらのカフェでは、追加料金を支払うことにより、上位メニューの提供がされる仕組みです。プールの近くにあるので、非フォーマルで訪れることができます。

 

ピースボートの新チャーター船②マジェスティオブザシーズ

シップデーター

[船名]マジェスティーオブザシーズ(Majesty of the Seas)
[総トン数]73,941t
[全長]266.0m
[全幅]32.0m
[喫水]7.8m
[竣工年]1992
[造船所]フランスのアトランティーク
[推進機構]ディーゼル(Diesel)
[旅客定員]2,354
[乗組員数]822
[母港]タンパ(USA)
[登録国]バハマ(Bahamas)
[IMO番号]8819512
[MMSI番号]311734000
[運行会社]ロイヤルカリビアンクルージズ (米国)Royal Caribbean Cruises Ltd.
[所有会社]ロイヤルカリビアンクルージズ (米国)Royal Caribbean Cruises Ltd.
[建造所]シャンティエ デュ アトランティーク (フランス)Chantiers de l’Atlantique

ロッククライミング

マジェスティ・オブ・ザ・シーズの設備/正体

クルーズ会社のロイヤル・カリビアンが建造したのが「マジェスティオブザシーズ」になります。当時世界最大級の客船を目指して建造したのが「マジェスティオブザシーズ」です。堂々とした外観が印象的な客船です。

マジェスティオブザシーズのトップデッキ

ウインドー・スペース(客船マジェスティ・オブ・ザ・シーズ)
マジェスティオブザシーズの劇場
ミュージカル劇場のような2つのダイニングルームは大きな空間が広がります。カラフルで魅力に富んだスペースです。緑色のガラスに包まれた場所がウインドー・スペースになります。

キャビン(客船マジェスティ・オブ・ザ・シーズ)
マジェスティオブザシーズの船室
マジェスティオブザシーズのキャビンはコンパクト設計ではありますが、ユニバーサルで使いやすい仕様という評判です。
マジェスティオブザシーズのバルコニー船室
クルーズ旅行を一度でもしたことある人であれば、わかると思いますが、船の公共の場で過ごす時間が長くなるので大きな問題はないでしょう。

特徴(客船マジェスティ・オブ・ザ・シーズ)

マジェスティオブザシーズの中央スペース
マジェスティオブザシーズ号はカリブ海クルーズ(バハマ近海)で使用されていました。マジェスティオブザシーズは1992年就航のカジュアル客船です。船内は若いカップルから熟年層まで幅広く大変賑やかで使いやすいといわれています。
マジェスティオブザシーズのプール
ピースボートの新造船であるエコシップと比べると、マジェスティオブザシーズ号は造りが旧型になります。しかし、2016年春、マジェスティ・オブ・ザ・シーズ(7万4000トン)に大規模な改装工事が行われた記録があります。
公式サイトには、メキシコ料理、日本・アジア料理、貸切ダイニングの有料3店をオープンし、食事のバラエティを拡充したとのことです。
マジェスティオブザシーズのレストラン
ラプソディ・オブ・ザ・シーズは2016年12月3日から、アメリカのタンパを母港にしています。
ウォータースライダーやジャグジー、プールサイドの大型映画スクリーンも設置したので『ザ・現代船』として活躍しているようです。ネットを調べた幹事では口コミ評価はけっこう高いです。
マジェスティオブザシーズの評判
ショーやプール、パブリックスペース 、レストランなどピースボートクルーズを楽しむために必要な種類を揃えているようです。

客船会社について(客船マジェスティ・オブ・ザ・シーズ)

マジェスティオブザシーズの船内
マジェスティオブザシーズ号の客船会社を調べてみました。1969年に設立されたロイヤル・カリビアン・インターナショナルという客船会社です。世界最大規模の会社なようです。本社は米国マイアミにあり、2017年10月現在25隻の客船を保有しているアメリカの客船会社です。

施設(客船マジェスティ・オブ・ザ・シーズ)
マジェスティオブザシーズのリラックス空間
2007年に改造され,新造船にはお馴染みとなった、ハンバーガーショップや、ビザレストランなどが追加されました。 またスパの施設も充実し、明るいセントラムや、展望ラウンジなど、新造船と変わらぬ人気施設となっています。

 

ピースボートの新チャーター船③パシフィックアリア(Pacific Aria)
パシフィックアリア

シップデーター

[船名]パシフィックアリア(Pacific Aria)
[総トン数]55,451t
[全長]219.3m
[全幅]30.8m
[喫水]
[巡航速度]
[竣工年]1994
[造船所]フランスのアトランティーク
[推進機構]ディーゼル・エレクトリック(Diesel Electric)
[旅客定員]1,266
[乗組員数]557
[母港]ロンドン(London)
[登録国]UK ロンドン(United Kingdom)
[IMO番号]8919269
[MMSI番号]235113823
[運行会社]P&O プリンセスクルージズ オーストラリア (英国)
[所有会社]P&O プリンセスクルージズ オーストラリア (英国)
[建造所]フィンカンティエリ造船 (イタリア)

パシフィックアリアの設備/正体

パシフィックアリアのブロードウェイ

パシフィックアリアは豪華なハウススイートな客船になります。現在の客船パシフィックアリア号は、オーストラリアを回るオセアニア航路を中心に動いている船です。船内の催しものとして、体験カルチャーを楽しんだり、シネマルームで映画を鑑賞してクルージングを楽しめるクルーズライフが行われています。最上階にはデッキプールがあるので、スイミングを楽しむこともできます。
パシフィックアリアのプール

レストラン(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリアのレストラン
客船パシフィックアリア号のレストランは、オーストラリア初のセレブシェフレストランといわれています。海の絶景を眺めてモーニングティー、ランチををとることができるようです。食事スペースも複数箇所にあるようです。

ブルールーム(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリアのBar
ブルールーム(Blue Room)といスペースでは、一日中(そして一晩中)ライブ音楽を楽しめる設計になっているようです。ピースボートの客船オーシャンドリーム号で例えるなら、8Fのバイーアと同じような使い方になるスペースだと思っていいでしょう。現在のパシフィックアリア号のブルールームは、ブルースからRnB、ジャズ、ファンクまで、幅広い音楽ジャンルを楽しめる空間になっています。ピースボートだとカラオケなどにアレンジして楽しめそうな場所です。

シェフズテーブル(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリア公共スペース
パシフィックアリア号の中でハイグレードの食事スペースのようです。豪華で高級なセッティングで、シェフの食事に舌鼓できるレストランです。

トップデッキプール(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリアのデッキスペース
ゆったりとした雰囲気と控えめな装飾とハイエンドの家具のデザインが魅力のプールエリアです。そして自由に引き込みすることのできる屋根で日中リラックスすることもできます。夕方にはBGMをバックにカクテルなどのお酒を楽しむ場所がシェフズテーブルになります。

全天候型のドーム(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリア全天候型
パシフィックアリア号には雨も風も気にすることなく使用できるスペースがあります。パーティー会場としても使わる場所です。公式サイトにはサルサなどのダンスをするフロアも設置されていると明記されていました。

船室キャビン(客船パシフィックアリア)
キャビン
スイートルームからは遠くの景色を望められます。セレブリティクラスのクルーズ船です。いまのパシフィックアリアのスイートで世界一周した場合、一人800万円は超えてしまうでしょう。ピースボートならもっと良心的な金額になると思います。キャビンの一部にはプライベートバルコニーが付いたものもあります。これはオーシャンドリーム号のバルコニータイプと同じようなキャビンです。こちらもハイクラスなので金額はオーシャンドリーム号よりはるかに高くなるでしょう。

インテリア(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリアの大窓
パシフィックアリアのインテリアルームは、家族連れやカップルに最適空間らしいです。

オーシャンビュー(客船パシフィックアリア)
パシフィックアリアのレストラン
オーシャンビュールームには船べりにつけた小さな窓、大窓がついてます。

 

エコシップの代替新チャーター船まとめ

パシフィックアリア全天候型の天井
ピースボートエコシップが2020年から2022年になってしまったのは本当に残念です。私のように一度ピースボートに乗ったことあるものとして新チャーター船にも乗れるかもしれないというのは、とてもラッキーな気がします。乗船者的には新チャーター船と新造船エコシップの2種類に乗れるかもしれないというのは個人的に『うらやましい!』。失敗できない大きな建造物であるエコシップを作るのであれば、新安全基準に合わせた2022年にするのはやむをえないでしょう。新造船なのに旧形のシステムで建造しては元も子もないでしょうし、銀行や造船所などの出資者的にも長期使用できる船のほうが安心できます。寄付ではないようです。そして、新チャーター船はエコシップよりも安くなるという噂です。新チャーター船が決まったらピースボートにまた乗りたいひとも増えることでしょう。今回調べた2020年就航予定の三隻はいずれも船のランクとしてかなりレベルは高く、船内ライフも期待できそうです。これだけのレベルの船だからオーシャンドリーム号よりは費用が高くなるとは思いますが、この船で世界一周できたら満足度はかなり高まると思われる。新チャーター船が決まったらピースボート、ジャパングレイスの旅行説明会に行ってみようと思っています。情報あれば追記していきます。

追記 ピースボート2を発表!

ピースボートが『ピースボート2』というクルーズを発表!新チャーター船は上記の3隻ではなく、ゼニス号(zenith)という船です。

調べてみたら5つ星をとったことのある船でした。世界中のサイトから2020年新チャーター船であるゼニス号についてまとめました。こちらです。https://ピースボート.com/archives/398

ピックアップ記事

  1. ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

関連記事

  1. ピースボートの歩き方

    ピースボートクルーズのメリット/デメリットは?乗船者が真実を明かす!

    スポンサードリンク◆ピースボートクルーズの特徴ピースボ…

  2. ピースボートの歩き方

    乱交などの悪評の噂されるピースボートでボランティアスタッフ体験の実態と真実

    検索で[乱交][悪評]などの関連ワードが表示されるピースボートでボラン…

  3. ピースボートの歩き方

    ピースボートのLINE@はおすすめ!メリット【5つ】

    ピースボートにはLINE@というメッセージアプリを使ってやりとりするこ…

  4. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、辻本清美がつくったピースボートで旅好きになった理由

    わたしは政治家の辻本清美がつくったといわれるピースボートで世界一周する…

  5. ピースボートの歩き方

    ピースボートのおすすめ部屋と早期割引

    ピースボートの地球一周のクルーズとなると、約100日間もの間船の上で生…

  6. 指原莉乃

    ピースボートの歩き方

    ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

    テレビ番組がピースボートに潜入取材!世界一周はタダでいける…

最近の記事

  1. 指原莉乃

特集記事

おすすめ記事

  1. ピースボートの歩き方

    乱交などの悪評の噂されるピースボートでボランティアスタッフ体験の実態と真実
  2. ピースボートの歩き方

    ピースボート世界一周のデメリットとメリット
  3. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、辻本清美がつくったピースボートで旅好きになった理…
  4. ピースボートの歩き方

    ピースボートのLINE@はおすすめ!メリット【5つ】
  5. ピースボート

    ピースボートの歩き方

    ピースボートの割引をポスターで一気に貯めるコツ
PAGE TOP