ピースボートは豪華クルーズとは違う生活が待っていた! | ピースボートの歩き方

ピースボートの歩き方

ピースボートは豪華クルーズとは違う生活が待っていた!

ピースボートの船内は飛鳥2やダイヤモンドプリンセスとこんなに違う!

ピースボートの船旅は世界一周約100日間あります。ピースボートクルーズは、どのくらいの洋上生活があるかご存じでしょうか。いろんなピースボートクルーズのパンフレットを見て調べてみたらだいたい3分の1が洋上になります。つまり約2ヶ月間は船の上ということです。つまり洋上生活をどう楽しむのかを考える必要があります。よく「船旅=船内生活は暇」と思っている人も多いのではないでしょうか?

ピースボートの地球一周クルーズで使用しているのは「オーシャンドリーム号」という1981年にデンマークで建造された比較的新しい船です。総トン数は35,265t・全長205m・全幅26.5mとかなり大型の本格外航客船です。乗客定員数が1422人というのも驚きです。

スポンサードリンク

ピースボートの船旅において船内で過ごすこととなる洋上の割合は約七割と言われています。細かくは各クルーズにより寄港地数・寄港日数が異なるため変動しますがおおむねこの割合であると言われています。

この様な数字を目にすると「船内って暇じゃないのかな?」「船の中って毎日何してるの?」と疑問符が浮かびますよね。実は、ピースボートには一般的な豪華客船クルーズとは一味も二味も違う船内生活の楽しみ方があるのです。今回は船の中での生活にまつわる基本情報から楽しみ方まで様々な角度から船内をレポートいたします。

オーシャンドリーム号の基本情報

<部屋・食事>

オーシャンドリーム号

部屋の種類

クルーズ中は部屋が我が家となります。ピースボートクルーズでは大きく分けて4種類の部屋が用意されています。まずは二段ベッドが二つ設置されている四人部屋「フレンドリータイプ」です。この部屋はできるだけ旅行代金を抑えたい方や、一人参加で友達を作りたい方などに人気の部屋です。この部屋を選ぶ方はほとんどが一人参加者で、部屋のメンバーは性別や年代などを加味し旅行会社の方で割り振られます。しかし「四人部屋希望だけど、一緒に参加する友人と一緒の部屋がいい!」という方もいらっしゃるので、そのような場合は同部屋希望を申請することで同じ部屋になることもできます。

夫婦や友達同士での参加の場合は「ペアタイプ」がおすすめです。部屋に二つベットが設置してあるタイプで、シルバー世代のご夫婦に人気の高い部屋となっています。ハイグレードのお部屋ではプライベートバルコニーが付いているものもあります。

三つ目の「セミシングルタイプ」は、「ペアタイプ」の相部屋バージョンといった感じで、「一人参加だけどプライベート空間も欲しい」という方に人気の部屋です。ベッドとベッドの間をカーテンで仕切ることができます。最後の「シングルタイプ」は部屋ではゆったりと一人静かに過ごしたい人におすすめです。全てに共通している設備はシャワー・トイレ・テレビで、各タイプごとに窓ありと窓無しの部屋があります。「ペアタイプ・バルコニー付き」の部屋のみバスタブと冷蔵庫が付いています。

スポンサードリンク


オーシャンドリーム号

食事

毎日の食事は旅行代金に含まれているのでいちいちお金を払う必要はありません。船内には数か所レストランがあるのでその日の気分によって好きなところを選ぶことができます。

食事は本格洋食のコースメニューや和食、軽食ビュッフェなどバラエティに富んでいるので食べ飽きることはありません。また、ベジタリアンの方やアレルギーを持っている方用のメニューもあるので安心です。寄港中、多くの方は現地で食事を楽しみますが「どうしても現地の食事が合わない!」「無性に船でご飯が食べたい!」という場合もあるかと思います。船のレストランでは寄港中も食事を提供しているのでいつもと変わらずに船内で食事を摂ることも可能です。「できるだけお金を節約したい!」という人は観光の途中にいったん船に戻り、船内で食事を摂ってからまた街に繰り出すという方法もあります。

オーシャンドリーム号の船内生活

ピースボートで使用する客船はオーシャンドリーム号といいます。わたしは、オーシャンドリーム号に乗って旅をしました。
最初に伝えておきたいのは「船内生活こそがピースボートクルーズの楽しさ」だと思いました。むしろ寄港地よりも船内生活が楽しかったです。そもそも船旅と聞くと、タイタニックみたいな豪華客船で、年配、シニアが多いと思っていまいました。そして社交ダンスをしたりエンターテイメントショーがあったり、はたまた紳士、淑女のたしなみであるカジノがあったりするのでは?とイメージを持って乗船しました。
世の中のほとんどのクルーズ船、日本郵船の飛鳥2、三菱重工のダイヤモンドプリンセス、商船三井のパシフィックビーナスなどの豪華客船はそんなイメージ通りの雰囲気だと話しを聞く限り思います。しかしピースボートで世界一周した正直な感想としては、全く異なる楽しさがあると感じました。ピースボートには若者が多く乗船しています。自分達が楽しむために自分達でピースボートの船の中で企画を立ち上げチャレンジして楽しませてくれます。そして、シニアのバイタリティも素晴らしいです。若者にも慣用ですし、コミュニケーション力も高い人たちが多かったです。

ピースボートの予定は船内新聞でチェック

1日で多いときには100個近くのピースボート船内で企画が実施されます。その毎日の船内企画の予定表となっているのが、「船内新聞」と呼ばれるものです。船内新聞は、ピースボートの船であるオーシャンドリーム号船内で発行されます。

「船内新聞」の表面にはその日の船内企画の告知が紹介されています。「船内新聞」の裏面には、船のどこの場所で何時にどんな船内企画行われるのかが記載れています。「船内新聞」の裏面は日本の新聞のテレビ欄のような形でなにが行われるのかが掲載されています。ピースボートの洋上生活は、この船内新聞をチェックして、明日はどれに参加しようかなぁ~と乗客たちが見ています。そして翌日の予定を各自が立てるのです。

スポンサードリンク


ピースボートの船内企画一覧

ピースボートの船内生活はどんな企画があるのでしょうか。

オーシャンドリーム号

船内新聞と船内企画

船内生活が始まると毎日船内新聞というものが配られます。これには旅のコラムや参加者の紹介などの記事の他、テレビ欄のように時間軸と船内のスペース名軸とが書かれたコマ割りの表も載せられています。これは「いつ・どこで・どんな企画があるか」が載っているもので船内生活をより楽しむための必須アイテムとなります。企画は講演会やワークショップ、同好会のお誘い、音楽イベントなど多種多様です。この様に開催される企画には大きく分けて3種類あります。

イベント企画

「洋上大運動会」や「夏祭り」、「アースデイ」など比較的大きな規模のイベントや、水先案内人と呼ばれるゲストの方の講演会・発表会などはピースボート事務局が企画しています。

ジャパングレイスの寄港地企画

寄港地に関する基本情報や見どころ・注意事項などを伝える「寄港地説明会」など、旅行業務に関するお知らせのための企画を行います。

参加者による自主企画

参加者自らが特技や趣味を生かして企画するもので、ピースボートクルーズの大きな特徴の一つと言えます。ジャンルなどの制限はなく誰もが自由にイベントを企画することができます。

《水先案内人(ゲスト)》

ピースボートには水先案内人と呼ばれるゲスト人が乗船します。ちなみに水先案内人とはピースボートが作った造語です。元々は水先案内という船用語で、港から船が離れる際に、その港近辺に精通した人が乗り込み、道案内をしてくれる人のことをいいます。

ピースボートの水先案内人と言うと、船内にお招きしたゲストの方を指します。世界一周中には、国内外問わず様々な分野のゲストが約20人ほど乗ってきて船内を盛り上げてくれます。もちろん水先案内人の方は世界一周にずっと乗っているわけではありません。5日~30日ほどの短期間乗船となります。水先案内人といわれるゲストの方々が、各々の分野に特化した話をしてくださいます。

ピースボートの船の上で出会う水先案内人ゲストの中には、名前を聞くのも初めな方もいるかもしれませんが、参加してみると意外に面白かったり、数年たったら専門家として新聞/テレビのコメンテーターをしていたなんて人もいらっしゃいます。

どんな水先案内人ゲストが船に乗ってきてくれるのかも楽しみにしていいでしょう。正直、あまり興味が湧かない企画でも、講演経験が豊富なゲストだったりすると、言葉で惹き
付けられ自然と興味が湧いて好奇心をくすぐられることもありました。

ピースボートの水先案内人ゲスト一覧

わたしは、水先案内人ゲストには興味ありませんでした。けれども世界一周中に気軽に水先案内人ゲストの話を聞きに行きました。すると新しい知識や知らなかった出来事、驚き、発見が水先案内人の企画の中には詰まっているな~と感じたものです。
ピースボートステーションサイトを見て、過去の水先案内人ゲストを調べてみました。紅白歌合戦にも出演されていたGAKU-MCさん(ガク・エムシーさん)、アーティストのRicky-GさんやダンスボーカルユニットのEXILEのUSA(エグザイルのウサ)さんもピースボートの水先案内人ゲストとして乗船されていました。EXILEのUSA(エグザイルのウサ)さんからは、ピースボート船上で音楽ライブやダンス甲子園を企画して船内全員を巻き込み、旅を盛り上げたようです。

エンターテイナーな方の企画も楽しいですが、また違ったおもしろさがある水先案内人ゲストもピースボートには乗船しています。それは【学び】の水先案内人ゲストの乗船です。様々な世界遺産や社会について話してくれる、その道の専門家による企画も、意義深いと思います。 例えばピースボートの船で訪れる国の専門家の方が乗ってこられることがあります。例えば中東に行くとなれば、中東専門家の高橋和夫さんという放送大学の教授が乗ってきてわかりやすくお話レクチャーをしてくれたりします。現在起きている紛争の話や、現地の生活などを話してくれたり、若者の人生を考えるための未来企画、環境を配慮したエコ生活を帰国後に取り入れるレクチャー企画などもありました。内容は様々です。こういったゲストの講演会は、あらゆる知識の宝庫なので考えが広がっていきます。

スポンサードリンク


水先案内人パートナー

ピースボートの船内では水先案内人ゲストと、もっと深くお話をしたいと思ったら「水先案内人パートナー」といわれるピースボートチームに関わってみてもいいかもしれません。水先案内人ゲストの企画をお手伝いします。この水先案内人パートナーはピースボートの船内で募られます。そこに関わればもっと詳しい話を、水先案内人ゲストから聞くことができますし、一緒に食事をして、水先案内人ゲストの方と親交を深めることができます。

季節に応じたピースボート企画/大型企画

船内の乗客全員が対象の大型企画があります。様々な大型企画がピースボートの旅中に行われます。なんと言ってもわたしが楽しかったは、乗客800人以上で行う「洋上大運動会」です。

洋上大運動会 ピースボートver

ピースボートの船の上に800人も集まって運動会をするような広いスペースがあるのかな~と思いましたが、デッキの外だと800人集まることができてしまうのです。世代もバラバラの老若男女が、4つの団に分かれ大縄跳びや綱引き、パン食い競争や二人三脚といった競技を1日かけて行いました。もちろん団長や応援団長などもいます。運動会の各団応援合戦なんかも繰り広げられる大人の本気を感じる運動会です。そんなに沢山の人たちが参加する大型企画ですので、ピースボート船内で実行委員が立ち上がって計画をしてくれています。運動会開催10日前から、船内で競技や応援の練習、団旗作りが始まります。
年齢など関係なく、若者もシニアも一緒になって運動会の準備を楽しんでいます。もちろん参加したくない人は参加しなくてもいいのが、ピースボートです。ですが、運動会は究極の世代間交流だと感じました。わたしも運動会がきっかけでたくさんのシニアさんとのつながりができました。

季節に応じた企画 ピースボートver

ピースボートには季節に応じた企画もあります。常夏になると「洋上夏祭り」を行ったりします。ピースボートの船の上で出店まで用意されます。船の施設を活用してお化け屋敷だってやっちゃいます。そして夕方には、みんなで盆踊りで交流となります。「紅白歌合戦」をピースボートで行ったときには、出演者を募集して選考会が行われたりもしていました。年末のピースボートクルーズに乗った友人から聞いたのですが、洋上で年を跨ぐときには「カウントダウンパーティー」も行います。「クリスマスパーティー」にはみんなで寄港地で仕入れてモノを持ち寄ってのプレゼント交換会もあったそうです。

ピースボートの船内には有志の実行委員が船内を盛り上げる

実行委員大型企画を作る縁の下の力持ちが実行委員です。この実行委員は乗客が有志でおこないます。そのため同じイベントであったとして回内容はアレンジされていきます。手作り感と思いやりに溢れる企画になっていきます。イベントを成功させるためにみんなが一生懸命でした。作り上げた企画で乗客のみんなが喜んでいる姿をみて、感動している実行委員もいます。みんなで支え合い、思いやりを持ち合う心がピースボートクルーズにあります。こういう実行委員の存在は大きいでしょうね。

スポンサードリンク


自主企画と呼ばれるピースボートオリジナルイベント

ピースボート船内には毎日100近くものイベント企画が開催されています。この100近くある企画の大半が「自主企画」といいます。「自主企画」の企画者は乗客です。自分の趣味や特技を活かして企画をピースボートの船内で立てることが簡単にできます。900人近い人たちがひとつの船に乗船しているので、様々な自主企画が行われます。例えば「初心者ギター教室」「ゴスペルをしよう」「聖書を読む会」「マジック同好会」など。ほかには「みんなで大富豪しましょう」なんていう軽い企画もあります。ヘンテコな企画もありました。「海に向かって本気でカメハメ波を打とう」や「女子のお団子ヘアーにボールペン何本刺さるか実験」など、もうなんでもありです(笑)。うん、なんともくだらないが自主企画は出会いの宝庫になります。真面目だろうがくだらなかろうが様々な人と出会い、考えを共有することができるのがピースボートの船内です。これは普段の生活では味わえない感覚でしょう。

GET英会話(グローバルイングリッシュトレーニング)

GETとはGlobal English trainingの略です。世界一周をしながら英会話のスキルUPをさせることができます。せっかく世界を旅しているので外国語にふれあう時間も作っておきましょう。有料、無料の英会話教室があります。自分の好みにあった英会話にふれることができます。無料でもほぼ毎日のように教室を開講していました。ただ海外に行くだけでなく、英語。スペイン語に興味をもち、寄港地ですぐ実践すればこの旅の学びも深くなっていきます。

寄港地勉強会

世界一周中にピースボートが訪れる国々(寄港地)を訪れる前に「知る」企画です。20ヵ国以上も訪れるとなると、あまり知らない国もあります。そこで基礎情報や、お土産、観光名所などを紹介してくれます。全く行く国(寄港地)のことを知らなくてもベーシック情報が手にはいりました。

カルチャースクール

日本で教室を受け持っているような、専門の先生が船には乗ってきます。わたしのときは、社交ダンス、絵手紙教室、ヨガ教室、健康ダンス、太極拳などを教えてくれる先生が乗船していました。初心者にもやさしく教えてくれます。カルチャー教室の大半はオーシャンドリーム号のスターライトラウンジで開催されていました。カルチャー教室は自主企画とは異なります。誰もが参加できるレベルで授業を行ってくれます。

ピースボートの船内チームってなに?

船内チームとは、企画を実行する上でなくてはならない運営作業を各ジャンルに分け、参加者の中から自由にチーム参加希望者を募るものです。具体的には音響や設営、新聞の記事作

成などがあります。一見大変そうに聞こえますが、チームに入るメリットはそれをはるかに凌ぐものがあります。それはチームとして一緒に作業し時には苦楽を共にすることで仲間としてのきずなが生まれることです。大きく5つに分けられる船内チームのそれぞれの特徴や作業内容をお伝えします。。

スポンサードリンク


音響(PA)チーム

船内のイベントや出港式など、クルーズ中の音響という音響のすべてを担うのがこのチームです。船を盛り上げるには欠かせない存在です。音楽好きにお勧めなチームです。

企画チーム

主に大規模なピースボート企画を運営するチームです。小道具や大道具をはじめ、企画内容の考案、出演者のブッキング、当日の誘導など裏方好きにはたまらないチームです。大きな企画をやり切った後の打ち上げが最高に楽しいのも特徴です。

映像チーム

船内には「船内TV」という番組があり、全ての部屋のテレビから見ることができます。この番組では船内で行われた水先案内人の方の企画のレポート映像や、寄港地セレモニーの様子、各寄港地の出港式などが流れます。その映像の撮影・編集を行うのが映像チームです。映像を学びたい人はスキルと知識が身につくはずです。

新聞チーム

クルーズを通して休むことなく新聞を届け続けるのがこの新聞チーム。毎日異なった記事を掲載するのはもちろんのこと、紙面の編集・入力作業まで行います。文才のある人・イラストの書ける人・真面目な性格の人が輝くチームです。

ブッカーチーム

自主企画の「日付・時間・場所」の予約と調整を行うブッカーチームは、全ての企画を支える大事なポジションです。ダブルブッキングや予約の入れ忘れなくスムーズに企画を行えるのはブッカーチームがあってこそと言えるでしょう。

チームは基本いつ入っていつ抜けても大丈夫なので、自分の旅のスタイルに合わせて楽しみながら関わっていきましょう。どのチームもメンバーと協力し何かをやり遂げることは、きっと心の財産になるはずです。

まとめ

ピースボートには、まだまだ多くの企画があります。オーシャンドリーム号のライトを全て消し「星空観望会」が行われたりもしました。回りに明かりが一切ないので、美しい満天の星空を眺められる環境です。バスケットボールやフットサルなどの「スポーツ大会」だってあります。「時差企画」と言って時差が発生する日にパロディー的な企画が行われたりもします。また、ピースボートの船内企画に参加するときは、予約もお金も基本かかりません。参加してみたいモノ、興味あるモノがあれば、ふらっと気軽な気持ちで参加することができるのがピースボートの船内企画の特徴です。

毎クルーズ毎クルーズ、乗船する人が違えば、行われている企画も異なってきます。この船は乗船客である自分自身の行動によって、より面白くなるでしょう。ステータスを楽しむ豪華客船とは違ったおもしろさがピースボートには詰まっています。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

関連記事

  1. ピースボート

    ピースボートの歩き方

    ピースボートの割引をポスターで一気に貯めるコツ

    PEACEBOATの割引を一気に貯められる「ポスター貼りのコツ」をご紹…

  2. 指原莉乃

    ピースボートの歩き方

    ピースボートをテレビが潜入取材!坂上忍、AKBも驚愕した真実とは

    テレビ番組がピースボートに潜入取材!世界一周はタダでいける…

  3. ピースボートの歩き方

    ピースボートは遊びなのか?学びなのか?

    ピースボートでの学び・スタディーツアーについて国際交流を主たる目的…

  4. ピースボートの歩き方

    ピースボートボランティアスタッフの真実

    ボランティアスタッフを体験ピースボートボランティアスタッフ制度につ…

  5. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、旅好きになった理由

    元々わたしは海外にあまり興味がありませんでした。家族が「海外は北朝鮮み…

最近の記事

  1. 指原莉乃

特集記事

おすすめ記事

  1. ピースボートの歩き方

    海外は怖いと洗脳されていた私が、旅好きになった理由
  2. ピースボートの歩き方

    ピースボートセンタに行ってみたらこんなだった・・・
  3. ピースボートの歩き方

    ピースボートは遊びなのか?学びなのか?
  4. ピースボートの歩き方

    ピースボートクルーズのメリット/デメリットは?乗船者が真実を明かす!
  5. ピースボートの歩き方

    ピースボートのLINE@はおすすめ!メリット【5つ】
PAGE TOP